スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | - |
    pagetop
    郡山居酒屋 節電対策メニュー「冷やしごはん」に注目 ダイエット効果も
    郡山居酒屋 / izakaya-ky
    0
        さまざまな節電対策が提案される中、いま注目されているのが“冷やしごはん”。すぐに始められておいしい、ダイエットやメタボ対策も期待できる一挙全得の炎夏対策だ。

      「冷めたごはんには、炊きたてのごはんとは別の味わいがありますね」というのは、今夏限定『冷やしいなりだし茶漬け』が好評の『居酒屋まんちゃ』(東京・目黒区)オーナーの水口昌哉さん。どこへ行っても節電モードで疲れ気味のお客さんに、おいしい酒とともにサラサラッと食べやすいシメごはんを、と考案したという。

       いわゆる“冷やごはん”は、保温機能のない炊飯器を知っている昭和世代には懐かしい思い出だが、ホームフリージングや電子レンジ全盛の現代、そもそも子供たちは“冷たいごはん”を知らないし、昔は冷めたごはんを温かく食べる手段だったお茶漬けにしても、温かいごはんにお茶をかけるのが当たり前だ。

       ところが、空前の節電モードの今年、猛暑で食欲がなくても食べやすく、節電にもなると、「冷やしごはん」が脚光を浴びている。あえて炊きたてのごはんを冷まし、そのおいしさを生かして冷たい汁や具材と楽しむ“スーパークールビズ”料理として、ファミレスのメニューにも登場しはじめた。

      「冷やしごはん」が注目される理由がもうひとつある。“ごはん=太る”というイメージがあるかもしれないが、実は「冷やしごはん」はダイエットやメタボ対策にも効果が期待できるというのだ。医学博士で管理栄養士の本多京子さんによると、

      「温かいごはんが冷めていく過程で、ごはん粒の中に『レジスタントスターチ』と呼ばれる成分が作られることが、近年の研究でわかりました。『レジスタントスターチ』とは、直訳すると“消化されにくいデンプン”。温かいごはんに含まれるデンプンは、小腸に届くまでに消化・吸収されますが、この『レジスタントスターチ』は大腸まで届き、排出されます。血糖値の上昇を緩やかにし、ダイエットやメタボ対策の強い味方になる食物繊維とよく似た働きをするのです」

      ※女性セブン2011年7月28日号

      会津若松ホルモン焼肉 新橋ホルモン焼肉 高崎ホルモン焼肉 宇都宮ホルモン焼肉 前橋ホルモン焼肉 川崎ホルモン焼肉 ホームページ作成無料 会津若松ホームページ作成 郡山ホームページ作成 伊勢崎ホームページ作成 本庄ホームページ作成
      | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      pagetop
      郡山居酒屋 イオンの88円ノンアルコールビール 卸コスト削減で激安実現
      郡山居酒屋 / izakaya-ky
      0
         夏を控え、ビール大手各社は「ノンアルコールビール」商戦にしのぎを削っている。これらノンアルコールビールは大体120〜140円ほどで発売されているが、イオンのPB(プライベートブランド)「トップバリュ」が4月21日から発売している「バーリアル」シリーズはいずれも88円。

        イオンは2010年6月に新ジャンルビール「トップバリュ バーリアル」を発売開始。NB(ナショナルブランド)に割って入る形となったわけだが、同商品は今年4月には販売1億缶(350ml缶換算)を突破。さらなるバージョンとして、同月よりアルコール分0.00%の「トップバリュ バーリアル アルコールフリー」と、アルコール分0.00%、カロリー、糖分がゼロの「トップバリュ バーリアル 3つのフリー」という2商品を発売開始している。

        この激安価格について、イオンの広報担当は「今回は酒類ではないので、酒税の積み上げはありません。単純に酒税分を差し引いた形で圧倒的価格優位性を打ち出すことができました」と説明する。

        また、物流の面でも、通常は免許の関係上卸を通す必要があるものの、0.00%のため「炭酸飲料」扱いとなり、製造工場から各地にあるイオン物流センターへ直接配送することが可能となった。これにより物流中間コストを削減できたのだという。

        NBと比べれば明らかに安く、「他社が120〜140円なのだから、少し安い100円〜110円程度でもよいのでは?」と聞いてみると、「トップバリュとして、絶対的安さをアピールするためです。また、NB商品との価格優位性もさることながら、価格競争を高めたいとの狙いもあります」とのこと。同商品が、イオンのPBの「戦略商品」であることも明かした。

        味については納得いくまで試作を繰り返したようで、「上々の評価をもらっています。特に『3つのフリー』は一部のNBに比べてもおいしいというお声をいただいております」とのこと
        日光宿泊 会津若松美容室 会津若松美容室シンジュラー 赤坂居酒屋 郡山中古車
        | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
        pagetop
        郡山居酒屋 米大統領、アイルランド入り=「祖先」の村訪問も
        郡山居酒屋 / izakaya-ky
        0
           オバマ米大統領は23日、欧州歴訪の最初の訪問国アイルランドに到着した。首都ダブリンでマカリース大統領との会見後、ケニー首相と会談し、債務危機に見舞われたアイルランドの経済情勢や北アイルランドの和平プロセスなどを中心に意見交換。「米国とアイルランドの関係は非常に強い」と両国関係を評価した。
           オバマ大統領はその後、母方の祖先の出身地とされるアイルランド中部オファリー州にあるムイネガル村をミシェル夫人と共に訪れた。人口約300人のこの村には、周辺地域からも「米大統領を一目見ようと」(英BBCテレビ)数百人が駆け付け、大統領が村に到着すると、人々から「お帰りなさい」と声が掛かった。
           夫妻は住民らと握手を交わすなどし、「祖先の家」を訪問。また近くの居酒屋のパブに立ち寄り、ビールを飲みながら交流を深めた。
           大統領の祖先は1850年、米国のニューヨークに渡り、オハイオ州に移住したとされている。村には大統領の遠い親戚に当たる人物もいるという。 

          吉祥寺居酒屋 恵比寿居酒屋 宇都宮居酒屋
          | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          pagetop
          郡山居酒屋 震災後の消費マインドに変化 もしもに備えつつ、飲み会などにポジティブ
          - / izakaya-ky
          0
              地震や津波による直接的な被害のみならず、その後も日本経済に大きな影響を及ぼしている東日本大震災だが、被災地域に限定されることなく、日本全国の人々の意識に震災前とは異なる変化が表れてきている。

             ジャパン・マーケティング・エージェンシーが3月下旬に、関東および関西の全12都府県の男女800名を対象に実施した調査によれば、計画停電が実施されたり、日用品や食品が不足して思うように購入できない状況に接したりしたことで、人々の生活意識が変わってきたことが示されている。「以前より節約を心がけて暮らしていきたいと思う」と回答した人は全体の49.0%で、「安定した生活を望む気持ちが強まった」との回答者も全体の51.6%と高い割合を占めた。

             震災の発生直後から首都圏で入手しにくい状態が続いた物品を、最も回答の多かった順に並べると、乾電池、ガソリン、水、牛乳、トイレットペーパー、米、パン、ティッシュペーパー、チーズやヨーグルトなどの乳製品、懐中電灯となっている。一方、関西地域でも、乾電池、水、ガソリン、懐中電灯、トイレットペーパー、米、灯油の順に、購入しにくくなった物品があると報告され、被災地域から離れた場所の生活にも少なからぬ影響が及んだようだ。

             こうした経験を通じて、「日持ちする食品を優先して買うようにしていきたい」「調理せずに食用可能な品を優先して買いそろえておきたい」「もっと災害対策グッズをそろえたい」などの意識が強まったと答える人も増えている。

             しかしながら、関東と関西では大きく差の付いた考え方もある。例えば「節電に協力していきたい」との意識向上の割合に20ポイント以上の開きがあったほか、「環境のためならば多少は不便になっても仕方がない」との思いが強まった人の割合でも、関東が関西を10ポイント近く上回っている。

             一方で、急速に震災前のレベルまで戻してきている分野もあるようだ。ホットリンクが3月に16億5700万を超えるブログ記事を調査して発表したデータによると、ポジティブ行動キーワード群となる「飲み会」「宴会」「パーティー」「イベント」「居酒屋」といった表現がブログに書き込まれる頻度が、一時は震災前の半分近くにまで落ち込んでしまった。しかし、3月下旬には8割を超えるレベルへと回復しており、極度の自粛ムードは解消に向かっている様子がうかがえる。

             被災地域から遠く離れた生活圏にも大きな影響が及び、人々の心理には震災発生前と比較して少なからぬ変化が生じているものの、一部のエリアではポジティブな消費マインドが戻ってきているようだ。


            (加藤 秀行 、 湯木 進悟)

             浜岡原発 赤坂居酒屋 鉄なべ餃子 鉄なべ餃子 会津若松居酒屋 郡山居酒屋 仙台居酒屋 吉祥寺居酒屋 恵比寿居酒屋 宇都宮居酒屋 新宿居酒屋 町田居酒屋 いわき居酒屋 伊勢崎居酒屋 前橋居酒屋 高崎居酒屋 本庄居酒屋 横浜居酒屋 川崎居酒屋 厚木居酒屋 相模原居酒屋 関内居酒屋 藤沢居酒屋 平塚居酒屋 大和居酒屋 上野居酒屋 池袋居酒屋 中野居酒屋 自由が丘居酒屋 目黒居酒屋 下北沢居酒屋
            | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            pagetop
            郡山居酒屋 消費者の節約疲れで“嫌・消費”から“賢・消費”へ?外食・化粧品業界が続々参入する「ワケあり高級路線」
            - / izakaya-ky
            0
               長引く景気低迷により、自衛のための「節約志向」は、幅広い年齢層にすっかり定着した感がある。その一方で、昨年くらいから「節約疲れ」という言葉もマスメディアに登場するようになってきた。

               極めて緩やかではあるものの、景況感の上向きも反映し、消費意欲を抑えるのに疲れた消費者が、サイフのヒモを緩めつつあるというのだ。事実かどうかは議論が分かれるところだが、このほど、こうした傾向を反映していると思われる調査データが発表された。

               日本フードサービス協会が発表した「2010年 外食産業市場動向調査」によると、ファーストフード、ファミリーレストラン、パブ・居酒屋、ディナーレストランなど、外食産業における全業態のトータルの年間売り上げは、対前年度100.5%と、2年ぶりに前年度を上回った。

               2010年後半に回復傾向が顕著になったというが、注目すべきは、この時期の特徴が「客単価の向上」であるということだ。この調査によると、年後半、ディナーレストランでも客単価が100.7%と回復傾向を示しているという。

               長きにわたり、「低価格競争」に明け暮れてきた外食業界だが、ここに来て、日本マクドナルドなどが「高級路線」の店舗を出すなど、新たな方向に舵を取り始めている。日本フードサービス協会の調査結果は、こうした「新戦略」の必要性を裏打ちするデータであるとも思われる。

               こうした「節約疲れ」傾向の現れに活路を見出そうとしているのは、外食産業だけではない。特に、女性をターゲットにした業界が新戦略に打って出ている。その1つとして、今回は化粧品業界の動きを紹介したい。

               ノエビアが新たに立ち上げたエイジング・ケアのブランド「バイオサイン」のアイテムとして1月25日に発売した美容液「インナートリートメント」は、1万8900円(税込み)と、ドラッグストア・コスメに慣れた人にとって、かなりの高価格だ。さらには、カネボウ化粧品、ポーラなども、高級路線のスキンケア商品の発売を予定している。

               化粧品市場は、ここ数年、低価格商品と高価格商品が売れ、本来量販が見込まれる中価格帯(2000円〜5000円)の商品群が苦戦するという「二極化」傾向が指摘されている。そんな中で、今回各社が投入した商品は、単に「価格が高い」「高級」のみが売りではなく、「ワケあり」を強調しているところがミソ。

               たとえば、ノエビアが発売する美容液は、同社発表によると「商品自体のスキンケア効果だけでなく、手持ちの化粧品の効果も最大限に引き出せる」とのこと。いわば同社は、「この価格であれば、お得感がある」という消費者に認識させることが販売拡大の要であるようだ。同様に、他社の商品に関しても、「最先端の美白技術」「独自開発の技術」などなど、価格の「裏づけ」が強調されている。

               すなわち、こうした商品が投入される背景には、「節約疲れ」の後に来る「賢い消費」を取り込もうというプロダクト側の意図が見える。「節約」すなわち、消費意欲を抑えることに慣れた消費者は、おそらくそう簡単には「高価格」に飛びつくことはないだろう。購入行動の前提には、「この価格で、この商品なら、払ってもいい」という「賢い判断」が必要なのだ。

              「節約疲れ需要」を消費行動に結びつけ、「嫌・消費」を「賢・消費」に転換させることができるのか? 消費財を扱う各業界・各企業にとって、「腕の見せどころ」といったところだろうか。

              (梅村千恵)




              | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              pagetop
              | 1/1 |

              10
              --
              1
              2
              3
              4
              5
              6
              7
              8
              9
              10
              11
              12
              13
              14
              15
              16
              17
              18
              19
              20
              21
              22
              23
              24
              25
              26
              27
              28
              29
              30
              31
              --
              >>
              <<
              --